砂糖が甘くない訳

阿佐ヶ谷パールセンター 鍼灸・筋膜リリース整体・ゆる頭整体の

ラ・フィール治療院です。

いくら治療をされても、すぐに悪くなる方がいらっしゃいます。

そんな方の特徴の一つが、砂糖の取りすぎです。

今や、こんな写真も普通に出回って

日本も欧米同様に砂糖の取りすぎで中毒状態になりつつありますね・・・。

砂糖の取りすぎは、血糖値を急激に上げるために

figure_graph_up

急激に低血糖症になることで、いろいろな弊害が出ることも一般的になりつつあります。

figure_graph_down

砂糖の取りすぎは糖尿病肥満だけでない、

数々の病気や不調の原因を引き出すとも言われています。

何故か?

それは低血糖症になると、糖質コルチコイドの過剰分泌が行われて、

副腎は疲労してしまって糖質コルチコイドを十分に分泌できなくなってしまいます。

これを、副腎疲労症候群といいます。

この原因の一つが砂糖とも言われていて、

それに肉体的・精神的なストレスが加わることで副腎疲労症候群になりやすくなります。

副腎疲労症候群がかかわる病気は、

喘息、慢性的な感染症、アレルギー、皮疹、潰瘍性大腸炎、クローン病、

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、リウマチ性関節炎、免疫障害、不眠症、頭痛、疲労、

失神、女性生殖器障害、肥満、心悸亢進、浮腫、学習障害など多く存在します。

 

こんな映画も上映されますよ。

砂糖の、お陰で甘いひと時を味わっている方も多いことでしょう・・・。

ですが、そこには甘い罠があるということです。

nezumi_tori

その砂糖の中でも、危険なのは白砂糖です。

主な原料としてサトウキビなどが知られていますね。

そこから白砂糖は精製過程で様々な薬剤を使用して精製化したものです。

その工程で、大切なミネラル・ビタミン等が奪われてしまいますので、

甘いだけの有害な食品添加物に変化しているということなのですね・・・。

また、白砂糖の殆どの成分がショ糖という糖分になります。

これは果糖とブドウ糖がくっついてできたものなのですが、

果糖やブドウ糖は、単体では人体に有効な栄養なのです。

しかし、二つの分子がくっついていると胃酸や消化酵素では切り離す事ができず、

消化不良になってしまう悪役になってしまいます。

消化されないショ糖は、胃・小腸・大腸で真菌悪玉菌

ウィルスなどの格好の栄養素となってしまうのです。

ウイルス細菌2

胃ではピロリ菌の増殖にもなってしまいます。

悪玉菌が増えたおかげで、白血球が悪玉菌を退治しようとします。

すると悪玉菌を殺した後の白血球の死骸からは、活性酸素が大量に発生して、

様々な病気の原因や老化の原因になるのです。

いやいや、恐ろしいですね~。

ムンクの叫び

それにも増して恐ろしいと言われているのが、

ダイエット甘味料と言われる、砂糖よりも何倍も甘い合成甘味料です。

「カロリー 0」とか謳っている商品には必ず入っています。

日本で有名なところでは、パルスィート(味の素)、アスパルテームですね。

アスパルテームは胎児の脳の発達などに影響を及ぼし、

スクラロースは下痢による流産の可能性があり、

ステビアは元々南米では赴任と避妊用に使われてきた薬草から作ったもです。

そして、これらの嘘の甘味料は脳が甘さを錯覚を起こして

体が糖分を吸収しやすくなってしまい、結局太ることになります。

kaisya_snack_woman metabolic_woman (2)

特にアスパルテームは神経毒と言われ、

* ポリープ発生。
* 目に奇形(統計的にも有意差)。
* 体重減少(多くの実験で確認)。
* 骨格異常。
* 内蔵異常(肝臓、心臓、胃、副腎などの肥大)
* 脳内伝達物質に変化。
* 脳障害児(妊婦がとると生まれる恐れ)。
* 分解毒物性の不安。

などの多くの毒性が報告されています。

気を付けて21

そんなに甘い話はないということです。

お気をつけくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ