コロナ狂騒曲?やはりなのか???(緊急事態宣言解除にて加筆)

緊急事態宣言解除されましたので、

以下は前回5月17日の

コロナ狂騒曲?

記事にデーター及び加筆及び修正しておりますので、

改めて考察いたしていたでければ・・・

世界中で新型コロナウィルスにより

パニック状態で、日本も緊急事態宣言解除が出されましたが・・・

毎日が、いまでも

新型コロナ新型コロナ新型コロナ新型コロナ新型コロナ

新型コロナ情報てんこ盛りです。

世界中が未だに南米やアフリカ地域

それに乗じて今度はアメリカや欧米での抗議デモでやはり

阿鼻叫喚の大パニック中ですね~

 

冷静に考えてこれは、やはり、、、

コロナ狂騒曲状態?なのか、、、

狂騒曲

(クラシック音楽自由形式の曲を指す「狂想曲」にかけて、社会的大騒ぎ騒乱狂乱といった意味で用いられる表現。)

てなことを書くと、頭がおかしいと思う方も

現状はいらっしゃるかもしれません。

なので、数々の

*国や自治体など政府の対応

*医療的処置や状況

*経済問題

*精神的問題

*陰謀説

などなど世界中に様々な見解や意見あるようですけど、、、、

今回は個人的思想は全く抜きにして

現状の公式データて考察しておりますので。

真実は違うなどと、、、おしゃられても困りますので、

そのような方は、お好きなサイトへ飛ばれてくださいね。

 

新型コロナウィルスは、人類の脅威なのか?

現状の判断・真実なのか?

現状の対応は間違いないのか?

???????

少し考えていただければ幸いです。

本当に 新型コロナウィルスはパンデミック状態になるほど

危険で緊急事態なのでしょうか?

毎日の報道やネット情報を見ると、それしか考えられないかもしれません。

戦後最大の感染には間違いないですし、

経済危機を招こうとしている。

いったい、このコロナ現象はなんでしょう?

 

では、先ずは一般的な感染率と死亡率で見てましょう。

上のグラフと比べて現状では、

現在の新型コロナウィルスの感染者数と死亡者数は

 

感染者数に対して死亡率は

国内 0.05%ほど

で季節性インフルエンザよりは、かなり低いです。

2か月前の半分です・・・

それも、現状は国内の感染者の割合は

10代10歳未満がほぼ少数で重症・死亡もほぼ無しです。

20~50代にしてもほぼ、軽症か無自覚の感染です。

しかし、通常のインフルエンザの感染者数は小・中学生がほとんどを占めております。

死亡者数はコロナと同じく高齢者が多いです。

(分かりやすいのが古いのしか見つかりませんでしたが・・・)

ということは、若年層が以上に感染率が低いので?

というよりは、インフルエンザよりもかなり症状が軽いので体力があり

持病もない若年層は軽症・無自覚症状なので検査も受けてないのでは?

と思わざる負えません・・・。うむっ、、、

*2020年5月11日の参院の予算委員会で

症状が軽い、ない人が多くいる。

(実際の人数について)10倍か15倍か20倍というのは誰も分からない」

東京新聞より・・

こちらが真実なら、

ほぼ推測は間違いないのではないかな?

 

潜在的感染者は多数で

インフルエンザと同じく

死亡者数は高齢者に偏っているという意味では、

感染者数の死亡者数はインフルエンザよりもかなり平均的には

低い数字になってしまいます!

なのでインフルエンザよりもかなり感染者の割合に比べ死亡者数割合が低い

軽い病気になりますね・・・。

これは驚きです!!!

まっ、海外はまた別ですけど。

海外は死亡率

国外 0.618%ほど

で、100年前のスペイン風邪なみですね。

(6月1日現在)

中国で大流行時にの2月には死亡率2%と言われていましたが、

中国では、だいぶ落ち着いてきました。

ですがヨーロッパなどイタリアでは死亡率10%

アメリカは5%ですのでかなり高いです。

滅茶苦茶日本は死亡者数割合も少ないです!

これは新型コロナウィルスの方が2~3種類あるといわれ

(諸説あり、8種ともすでに100種類に変異説も)

ヨーロッパ型のは強力だと言われています。

(https://www.asahi.com/articles/ASN4B3HVLN49UBQU007.html)

 

多くのPCR検査が多くされるようになったので

新型コロナウイルス感染患者と思わしき方が増えましたから当然患者数は増えます。

しかし、PCR検査は新型コロナウィルスだけに反応する検査ではありませんので

偽陽性患者も多く含まれることは、あまり知られていませんし、

しかし残念ながら、PCR検査は新型コロナウィルスだけ陽性になる検査ではありません。

とは、何人もの医師も訴えていますが、、、公にはアンチ論で相手にはされていません。

(https://www.gohongi-clinic.com/k_blog/3873/)

他にも、海外では医療機関の問題や補助金や貧富の差・・・

複雑な様々な理由により患者数、死亡者数共に多いと言われています。

真実か否かの様々な説がありますので、ここでは触れません。

 

で、改めて

新型コロナと比較して季節性インフルエンザの死亡率は0.1%です。

ですが、

国内での季節性インフルエンザ年間死亡者数は3000人もいて、

月別のデータを見ると、

昨年1月だけでインフルエンザで1685人の方が亡くなっていて、

1日平均で死者54人となる計算です。

それも年々増加傾向にあります。

しかし、、、今年のインフルンザはどこに消えてしまったのでしょうか???

例年の季節性以外も含む

インフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人

インフルエンザによる

年間死亡者数は、世界で約25~50万人

日本で約1万人と推計されています。

これでも、、、パンデミックではないのですね?

 

現在、新型コロナ感染者最大のアメリカでは、新型コロナが発生(検査?)が始まる前までは

米疫病対策センター(CDC)の推計では、

19年10月以降の今シーズンで2月1日までに死者は1万2000人

基本はアメリカでは、風邪ぐらいでは病院機関には行かないので多くの方が自己申告ですから、

罹患率はもっとでしょうか?

なので、その時点でどこまでがインフルエンザだったのか?

新型コロナ患者なのか?

現在も、全員が新型コロナウィルスなのか?

ほかの病気なのかは疑わしいとも言われています。

 

では他感染症を見てみましょう。

世界の3大感染症といえば

結核・AIDS・マラリアです。

 

「結核」

結核患者は国内では

年間16000人以上の感染

平成29年死亡数は2,303人(概数)です。

前年の1,892人に比べ411人増加。

病気別死因順位30位です

世界では・・・

なんと~、

結核患者数は年間1千万人が罹り、死者160万人です。

結核は、どうして現状パンデミック宣言が出ないのでしょうか?

(今回の新型コロナウィルス予防にBCGが有効化もしれないと言われていますけど)

 

マラリア・デング熱・黄熱病含めると死亡者数は72万人以上になります。

マラリアだけで年間の死者数43万5千人です。

(人が人を殺す数は 47.5万人にだそうです。)

2017年には推定で、マラリア患者が2億1,900万人でした。

どうして現状パンデミック宣言が出ないのでしょうか?

(今回の新型コロナウィルスの治療薬でも抗マラリア薬も効果があるといわれています)

 

「エイズ」

日本国内では年々増加傾向です

国内ではどうして、パンデミック宣言されないのでしょう?

(今回の新型コロナウィルスの治療薬でも抗AIDS薬も効果があるといわれています)

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

実は以外にも国内では梅毒患者も最近は増え続け

患者数は :毎年 1600人超えです

日本では結核も梅毒も昔の病気の様に思われていますが

そんなことはありません。

人類が撲滅したと言われている感染症は、実は天然痘だけです。

他の感染症は、いまだに地球のどこかで感染者が存在しています。

今回の新型コロナウィルスは、

ワクチンも治療薬も未だに開発されていませんので、

今のところ、どう防御していいやら分からない 感染症です。

SARSコロナウイルスも、新型インフルエンザも現在でも

大規模に流行感染していないだけで病原体は存在します。

新型コロナウイルスも封じこめることは、やはり、、、

きっと出来ないでしょう。

今回の新型コロナウィルスは、陽性でも発症しない率もかなり多いです。

なので、感染すれば必ず発症してしまうウィルスであれば、

封じ込めで鎮圧できますが、あまり症状の度合いが強力でない場合は

そのまま、感染者が増え続け抗体を持つようになるので、

従来のインフルエンザの様に無くなることはないということです。

とてもウィルスを分かりやすく解説されている動画がこちらです。

 

 

感染症は完璧な予防も、治療法もありません。

感染症は無くならないので、

今回の新型コロナウィルスも、

「罹患して抗体を持てばいいのでは?」

という、方々もおられます。

どちらにしても、新型コロナウイルスも収束はしても根絶は無理かと思われます。

なので、今後はインフルエンザ・ノロウィルスなどと同じように

毎年の流行病になるかもしれません。

 

今回の新型コロナウィルスに便乗してマスクや衛生用品だけでなく、

「免疫系」強化の便乗商売も盛んになりました。

免疫上げるには、あれが良い、これが良い、これが効く!

コロナ予防に!も~あれが良い、これが良い!

などなど・・・。

代替医療関係でも、そんな感じで

〇△療法で免疫力UP

コロナには〇◇療法

などなど・・・

現代医学的な処置法となんら変わりない状態ですね・・・

日ごろから、もうちょっと

食や環境や生き方について考えた方が宜しいのですけど・・・

今回の宣言で、

レトルト食品やカップラーメン・マスクなど買いだめして、列に並んで

余計に感染しやすくなるんでは???

とも感じました・・・

経済的な事情での苦痛。

孤立や不信感なども大きくなり

不満や心配なども大きくなり

心身共に正常でない方も増えてきているということです。

これからの季節は、蒸し暑くなりマスクをするのも苦痛で

呼吸器系の疾患や心肺機能のなどにも影響が出そうです。

お気をつけくださいね。

 

これまでの歴史に無いようなパニック状態を克服し、

皆が健康や生き方の意識が変わることを切に願います。

 

おまけで、感染症以外。

自殺者数

 

世界の自殺死亡数は約80万人

40秒に1人が自殺している計算です。

位はロシアの31人となります。2位は韓国の26.7人、3位がラトビアの21.2人です。

日本は18.5人で全体では7位にランクインしています。全体でも上位なのですが、

G7の中ではトップという残念な結果になりました。

日本は先進国の中では自殺率が高いといわれていますが、

データからも裏付けられた形になります。

今年は、新型コロナウィルスの影響も有り

経済的な理由での自殺者も増えると言われています。

ほぼすべての国で男性の方が女性よりも自殺率が有意に高い点です。

国によっては10倍近い差です。

日本でも2倍以上の差があります。

唯一中国のみ女性の方が高いというのも興味深いですね。

 

医療ミスによる死亡数

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームが死亡率に関する調査結果などを分析したところ、

医療ミスで死亡する患者数は米国では年間少なくとも25万1454人が医療ミスで死亡していると研究チームは推計。

この数字には自宅や老人ホームで死亡した症例は含まれないことから、実際の死者数はこれを大幅に上回ると推測している。

 

国内ガン死亡者数

2018年にがんで死亡した人は373,584人

(男性218,625人、女性154,959人)。

2016年に新たに診断されたがん(全国がん登録)は995,131例(男性566,574例、女性428,499例)*

 

日本ではまた意外な死因が

餅の死亡者数

国内での餅を詰まらせて死亡する方は1月だけで

1300人もいます。

毎月600人以上の死亡率で年間では少なくとも1万人がお亡くなりになっています。

お正月だけに、

正に国内では餅緊急事態宣言発令状態ですけどね~

餅の日本食ブームは無いな・・・

 

今回の データーでは

多くの方が自然死ではなく死んでいることが分かりますね。

人間は必ず死にます。

なので、死生観について

この 緊急事態宣言が先ず終わった、

この時期にこそ

じっくりと考えてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ