薬のやめどき

阿佐ヶ谷 ゆる頭整体・筋膜整体・鍼灸 ラ・フィール治療院です。

今回は、本の紹介をしましょう。

先日、長尾和宏医師の最近の著書

「薬のやめどき」

です。

うちの治療院の患者さんでも、

薬で症状が悪化されていると思われる方が、少なからずいらっしゃいます。

薬を飲んでいる患者さんは、診ないという有名治療家の方もいらっしゃいますけど、

私は、その方なりの事情で飲まれているので、なるべく薬を減らせるようにして

生活の質を上げられるように心がけています。

 

「薬のやめどき」は、最近流行の週刊誌での

「薬は飲むな!危険!」

的な内容でないですので、そういうのが好きな方は、

落胆

ガッカリの内容になります。

また、薬が病気を治すと思っている方にも、ガッカリな内容でしょう。

薬のやめどき

内容は、そのままんまですけど

実に真っ当な、

町医者としての意見本になっています。

書評には、さまざまな意見も書いてあるんですが、

基本的には中高年以降の慢性病の方で

治る当てもない薬を飲まされている方向けですので、

薬の専門書ではありません。

専門的な知識がない方や、家族向けの本になっています。

むしろ、そういう方向けに書かれた本ですから気軽に読めます。

薬を飲んでも一向に症状が良くならない方。

薬を飲んでから症状が悪化された方。

薬を飲むだけで何も変わらない方。

そんなことがあるのでしたら、

ご本人、ご家族の方が読まれたらよいかと感じます。

病院に行けば、さほど自覚がなく、体調が悪くなくとも

数値さえ基準値セーフでなければ、

「むりやり?」

「とりあえず?」

処方で、何らかの薬が出されてしまいますね。

monshin_doctor_serious (1)

他にもメンタル寝れない・・・などの話をすれば、

もちろんスグにお薬出していただけます。

どこかが痛ければ、湿布もいあっぱい頂ける、

ありがたい国民皆保険制度ですね・・・・。

hokensyou

さらに調子が悪くなっても

医師が飲めというので、、、

症状が改善されなくとも、、、

それを信頼して飲まれている方が世の中の多数を占めます。

もちろん、当院の患者さんの方にも、患者さんの家族の方にも

いらっしゃいます。

私は、「薬は飲むな!」

禁止

とはモチロン言うことが出来ません。

「ちょっと医師や薬剤師に相談されてみてください。」

程度のことしかアドバイス出来ません。

それでも、全く信じてもらうことすら無いことも有ります・・・。

gakkari_tameiki_man

その信頼する医師の

天使の囁き?悪魔の囁き?

character_akuma character_tenshi_angel

なのかは分かりませんが・・・。

処方された薬を飲んで、

monshin_doctor_serious (1)

「薬で治る」

と慢性病なのに思われている方も多くいらっしゃいます。

良くならないと嘆きながらも、継続して飲まれ方も、少なくありません。

そして調子が悪くなっても、、、、

医師が悪いのか?

患者が悪いのか?

doctor_isya_warui (1)medical_byouin_machiaishitsu

はたまた

製薬会社?国?陰謀のせい?

そんなことを気付かせてくれる本かもしれません。

ということで、

ちょっとでも疑問が湧いた方は、

是非読まれることをオススメしたい本です。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ