医師から見放された糖尿病敗血症からの生還

糖尿病による敗血症状態からの生還し、

ひざ下から足を切断して義足になることをまぬがれた河田清さんは、

あるもので劇的な復活されました!

当時、白血球数(基準値4000-9000)が25000を超え、

CRP25.71(炎症マーカー:基準値0.3以下)

という敗血症状態で命が危ない危機的な状況でした 医療関係者からは

「足を切るか、死ぬかだ」

という2者択一を迫られていましたが、免疫力を使わない新しい方法で足指1本

の切断で済み、ひざ下からの足の切断を逃れて今も自分の両足で元気に歩いてい

ます 。

このあるものを知りたい方は、YouTubeからチャンネル登録お願いします~。

(撮影場所:ラ・フィール治療院)

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ