wi-fiルータは有害なのか? 番外編(赤ちゃん危険!)


阿佐ヶ谷 ゆる頭整体・筋膜整体・鍼灸 ラ・フィール治療院です。

今回は、

wi-fiルータは有害なのか? 番外編

赤ちゃん危険!

になります。

赤ちゃんに携帯やスマフォの電磁波は大丈夫かしら?

 

ご心配の方も多いでしょう。

とわ、言うものの・・・

お国の定める規定では、

「そんな心配しなくて大丈夫ですよ~!」

ということになっています。↓

総務省ページ

あ~っ、良かった!

と、思ってしまってあなた!

そこには、まだまだ落とし穴が・・・

最近、このような方って多く見かけますよね?

抱っこ紐で歩いているママたちは多いですね。

そして、この状態でのスマフォ

赤ちゃんの頭の真上でしていますね・・・

これがどんなに愚かなことなのか・・・

恐ろしくなります。

以下は、Appleのページに記載されている文章ですが、

測定基準は頭以外の人体 5mmを設定して、基本的使用時はハンズフリーにしてくだい。

と記載されています。

「iPhoneは高周波(RF)曝露に適用される制限の検査に合格しています。

比吸収率(Specific Absorption Rate、SAR)とは、人体がRFエネルギーを吸収する比率のことです。SAR上限値は、組織1グラム当たりの平均値を制限する国では1.6ワット/キログラム、組織10グラム当たりの平均値を制限する国では2.0ワット/キログラムです。検査では、iPhone高周波は最大伝送レベルに設定され、頭部に密着した使用、および頭部以外の人体に近接(5mm)して着用または携行した使用をシミュレートした環境に配置されています。

RFエネルギーへの曝露を減らすために、ハンズフリーオプション(内蔵スピーカーフォン、付属のヘッドフォン、その他の類似したアクセサリなど)を使用してください。ケースに金属部品がある場合は、デバイスのRFパフォーマンス(RF曝露ガイドラインへの準拠など)が検査または保証されていない形で変化する可能性があります。

このデバイスは、各動作帯域のSARを判断するように検査されていますが、地域によってはご利用になれない帯域がある場合があります。帯域は、ご利用のサービスプロバイダのワイヤレスおよびローミングネットワークによって異なります。」

Appleページより

 

そんな赤ちゃんのまだ、

頭蓋骨も薄くて全部くっついていない状態の真上で、

電磁波の雨ですよ!

 

いやいや、

大丈夫なのか~!!!

街に出ると叫びたくなりますよ・・・。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ