老人性イボ治療

阿佐ヶ谷 ゆる頭整体・筋膜整体・鍼灸 ラ・フィール治療院です。

 

久々の症例報告になります。

 

なので、今回はごまかし効かない皮膚系の症例を。

老人性イボ

です。

老人性いぼ の病名としては

脂漏性角化

とも呼ばれています。

30代以降の男女に起こり、高齢者においてはかなり頻繁に見られる腫瘍です。

手のひらや足の裏を除いて何処にでも出来得ますが、

特に日光をあびやすい顔面や前胸部、

手背や摩擦が起こりやすい首に多く見られるということです。

 

脂漏性角化症(老人性イボ)と判断されたら、

医療機関では主に次の方法により治療を行ないます。

液体窒素による凍結療法

患部に液体窒素をあて、凍結させてかさぶたを作ります。

1~2週間後にかさぶたが取れると、脂漏性角化症も自然に除去されます。

麻酔不要で手軽にできるため広く一般的に行われていますが、

数回の治療を繰り返す必要があるケースもあります。

また炎症による瘢痕(はんこん)が残る可能性があるため、主に顔面以外に行われます。

 

レーザーによる切除術

ホクロやいぼの治療で使用される炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

を患部に照射して細胞組織を蒸散させ、脂漏性角化症を除去します。

液体窒素と違って削る深さの調節ができるため、繊細な治療が可能です。

根本的治療ができる利点があり、顔面の治療には適していると言われます。

 

電気焼灼治療(電気外科的治療)

ホクロ治療にも使われる、電気メスを使用した切除術です。

傷あとを残さないよう、ドクターの繊細な技術によって

患部の表皮をごく浅く削り取ります。

通常であれば2週間ほどで傷あとは治ってきます。

 

外科的手術による切除術

脂漏性角化症のサイズが大きくて液体窒素やレーザーでは対処が難しい場合や

病理検査を行なう際は、メスで患部を浅く切除します。

擦り傷と同じような感じで、2週間ほど経てば手術のあとも残らずに治っていきます。

 

という具合になります。

基本的には、

1:火傷させて再生。

2:外科手術で再生。

という二つの方法になります。

 

当院に、来院されている患者さんは胸部の50円玉程度の大きさのイボを

手術された経験があり、大腿部にも同じ大きさのものが再発しました。

しかし、前回の術後

*手術はやはり怖い

*術後はヒリヒリ痛いし、ケアが面倒なこと

*プールなどの公共施設にしばらく行けなかったこと

で、再度手術をためらっておりましたところ・・・

イボを放置していたら、どんどん大きくなり

50円玉大になってしまいました。

イボなどに、効果があると言われている漢方のヨクイニンも

長い間飲まれていたんですがね。

私に相談されましたので、

ホメオパシーのクリームで、とりあえず対処してみましょうと始めたところ・・・

 

あらっ、良くなっているではないですか!

ここまで2ヶ月もかかったのですが、、、

 

レベルを上げてみようと、

ホメオパシーをアルコールに希釈して塗布しましたら、

なんと3日目にほぼ取れました!

 

もう一度、塗布して7日間後。ほぼ、取れました!

(今更の大きさ比較です・・・)

 

更に7日後

綺麗に取れましたね。

 

痛み系やメンタル系の症例だと、

患者さんの声としてしか掲載できないので、

分かりにくいですから、滅多に掲載してませんが。

見た目で分かる症例は、お伝えしやすいので今後は

なるべくUPいたします。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ