7月 文月 梅雨から夏本番へ快適に過ごすポイント!

今年は久しぶりの梅雨らしい梅雨ですね・・・。

と、思いきや・・・・

梅雨明けです!

これからムシムシの暑さが続きますね。

 

高温多湿の影響でカラダに余分な水分が溜まりやすく、

皮ふや筋肉、消化機能に負担になるため、

体力のない方は冷房病になりやくなります。

 

こういう状態ですと、カラダが冷えてしましますから、

冷たいものは必要以上摂らずに、

温熱性の食べ物もバランスよく摂るようにして、

夏の冷えを防ぎましょうね。

カラダの症状として、

胃腸の疲れ、冷房病、皮膚病などが出やすいです。

対処法としては、余分な水分を取り、消化機能を整える

働きのものがお勧めです。胃腸の疲れを感じたら、

 

スタミナを付けようとして、食欲が無いのに

無理してウナギや焼肉など食べるのはNG!

ですよ。

企業広告に踊らされてはいけません!

 

消化するのにもエネルギーがいるので、

余計に疲れてしまします。

それでも食べたい時は、

焼肉には、薬味(ニンニク、ショウガ、ネギなど)をたっぷり使用してください。

ウナギには、山椒です!

胃腸の機能を向上させ、消化不良によって引き起こされる胸苦しさや下痢、

食欲減退などを改善させる効果がある、山椒をたっぷりお使いなるか、

ひつまぶし、になさってくださいね。

ですが、基本は消化のいい食材を選んでくださいね。

お勧めの食材は、

体を冷まして、利尿を促進し、精をつける食べ物です。

モロヘイヤ・オクラ・山芋(体を冷まして養う)

・枝豆(体を冷ます)・ソラマメ(体の熱を摂り利尿作用)

・メロン・スイカ(瓜系は汗をかいた体に最適)

などがいいですね。

冷房病になってしましったら、こういう食材をなるべく

温かい調理法で食べるといいでしょう。

それでは、なるべく快適な7月をお送りください。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ